箱根駅伝100回大会✨

スムトコ事務サポートOのブログ



こんにちは。
スムトコ不動産事務サポートのOです。本日も私の大好きなもの…箱根駅伝のお話をさせてください。
スポーツをするのは苦手ですが、観るのはとても好きです。息子の影響で高校野球は観てますし
これまた私の父の影響ですが、大相撲を観るのも大好きです(いつか国技館で観戦してみたい)
色んな競技が観れるオリンピックも、ほんと大好きです。
そんな私がいつ頃からでしょうか…箱根駅伝にハマっています。

箱根駅伝をご存じない方へ簡単な説明をすると…
箱根駅伝とは、毎年1月2日、3日の2日間に開催される関東地方の
大学駅伝地方大会で正式名称を「東京箱根間往復大学駅伝競走」と言います。
地方大会というものの、全区間をテレビで生中継されるため正月の風物詩と
して、また箱根駅伝出場者からオリンピックや世界陸上などに出場した選手も
少なくないことから、関東地方以外でも知名度・注目度も高くなっている
のではないでしょうか。

1920年から始まった大会も2024年大会で100回を迎え、今回記念大会と
いうことで通常は前年大会でシード権を獲得した10校と予選会を通過した10校と
さらに関東学生連合チーム1校を加えた21校が出場するところを関東学生連合チームは
編成されず、予選会の通過大学を13校とし全部で23校で開催されました。

箱根駅伝の好きなところを申し上げると多々ありますが、やはり選手たちの襷にかける
強い思いではないでしょうか。2日間かけて行われる大会で1本の襷を10人で繋げていくことは
本当に大変なことで、往路3区では先頭走者から10分遅れたチーム、4区では先頭走者から15分
遅れたチーム、復路すべての中継所については先頭走者から20分遅れたチームは交通規制の時間を
長引かせないため、前走者が到着しなくても次の走者を出発させる「繰り上げスタート」という
非情な決まりがあるのです。往路ではこの「繰り上げスタート」はほとんどないことですが
復路となるとそういった場面も出てきますので、必死に中継所まで繋げてきた襷が繋がらず
うなだれて謝る選手の姿を見ていると、どれだけ襷をつなげることが大変なことか・・・
個人の記録だけではなくチームの絆なども垣間見ることができるのです。

私のボキャブラリーのなさのせいで、熱く強い思いを文字にできず非常にもどかしく思っております笑
この思いをまだまだお伝えしたいのですが、ちょっと熱くなりすぎておりますので今日はこのへんで。

季節の変わり目で体調を崩されませんように、ご自愛くださいませ。







”スムトコ事務サポートOのブログ”おすすめ記事

  • 横浜弾丸LIVEの旅(映画⑥含む) ④の画像

    横浜弾丸LIVEの旅(映画⑥含む) ④

    スムトコ事務サポートOのブログ

  • 横浜弾丸LIVEの旅(映画⑥含む) ③の画像

    横浜弾丸LIVEの旅(映画⑥含む) ③

    スムトコ事務サポートOのブログ

  • 横浜弾丸LIVEの旅  (映画⑥含む) ②の画像

    横浜弾丸LIVEの旅 (映画⑥含む) ②

    スムトコ事務サポートOのブログ

  • 横浜弾丸LIVEの旅(映画⑥含む) ①の画像

    横浜弾丸LIVEの旅(映画⑥含む) ①

    スムトコ事務サポートOのブログ

  • 陶芸教室 ⑦の画像

    陶芸教室 ⑦

    スムトコ事務サポートOのブログ

  • 北欧雑貨 ③の画像

    北欧雑貨 ③

    スムトコ事務サポートOのブログ

もっと見る